アレルギー科・呼吸器科・心療内科
小児科・内科
TEL 052-(777)5701

疾患別のご案内


喘息についてのきゅうとく医院の考え方 

 
きゅうとく医院では、喘息を治すための「総合根本療法」を行っています。日本アレルギー学会などのガイドラインとはかなり異なった治療法ですが、ここでは総合根本療法について詳しくご説明します。
 
 

きゅうとく医院が考える喘息の原因

喘息の原因をきゅうとく医院では0~3歳ごろまでの「気管支のトレーニング不
足」と考えています。
妊娠中の赤ちゃんは羊水に浸かっていて一切空気には触れていません。ところが生まれたとたんに赤ちゃんは空気中での生活を強いられることになります。この変化は「クリーンルームで暮していた人がスラム街の雑踏に放り込まれた」以上の強烈な変化になります。
 
赤ちゃんの気管支と皮膚は、生まれたその時から乾燥に耐え、温度変化に耐え、病原菌やダニやホコリのような抗原(アレルゲン)にも耐えていけるような「たくましさ」を備えなければならなくなります。つまり気管支と皮膚は、「生まれた後に空気中で生活できるようにたくましく鍛えあげられなくてはならない臓器」ということになります。
 
この気管支と皮膚のたくましさを司るホルモンが副腎皮質系のステロイドと交感神経系のアドレナリンです。これら二つの「気管支と皮膚を強くするホルモン」の働きを3歳ごろまでに十分に高めておかないと、早ければ2~3歳から6歳ごろにかけて「気管支が空気を吸い込むことに耐えられなくなり、空気を吸い込むことを拒否し始める」ようになってきます。気管支は空気が入ってこないようにと収縮して細くなり、痰を増やして空気の通り道をふさごうとし始めます。これが喘息の「発作」です。
 
ここでは詳しく述べませんが大人の喘息もこの時期の生活状態が影響しています。また同じような仕組で皮膚の過敏性が高まり「空気中で普通に暮しているのに皮膚が勝手に乾燥して痒くなり湿疹(炎症)が現れてくる」のがアトピー性皮膚炎ということになります。
 

喘息の原因は「気道の慢性炎症」や「アレルギー」ではありません。

このように考えれば喘息は、たくましさを司るホルモンであるステロイドやアド
レナリンの働きが不安定になったための病気ということになります。ステロイドやアドレナリンの働きが不安定になって、気管支が鍛えられずに過敏になって「空気を吸い込むことを拒否し始める」のが喘息発作なのです。
 
ですから喘息を「気道の慢性炎症」や「アレルギー」が原因の病気と考えてしまうと、根治そのものが不可能になります。これらの気道炎症やアレルギーは、発作の原因ではあっても喘息そのものの原因ではないからです。
 
ステロイドホルモンとかアドレナリンの働きは毎日の生活のありようの影響を強く受けています。ですから喘息を治すためには「心と体とアレルギー」の全てに配慮した「総合的な生活療法」を行う必要があります。この考え方に久徳クリニックの初代院長 久徳重盛は「総合医学説」と名付けました。詳しくは「喘息征服の五原則」をご覧ください。
    
                     

ストレスと喘息

 
「喘息征服の五原則」の2にもあるように、ストレス(心因)も喘息に大きく関
わります。
小児喘息では患者さんの80%以上に心因が関わっており、小学校入学以降に発症した例ではほぼ100%心因が関わります。成人喘息では少なく見積もっても全ての患者さんの40~60%に心因が関わっています。
 
生活の変化に伴って症状が悪化する、夜間よりも日中の方が悪くなりやすい、行事の前後・週末などの特定の状況で悪くなりやすいなどの傾向があれば心因が関わっている可能性が高くなります。

心因が関わっているかいないのかの最も簡単な診断法は、「息が吸いにくいか吐きにくいか」のチェックです。喘息は「息を吐く方が苦しくなる」病気なのですが、心因が関わった場合には「息を吸う方が苦しくなる」ことが多いのです。発作の時に息を吸うほうが苦しければ、それだけで心因が関わっていると診断できます。
 

喘息を「治す」ための総合根本療法

 
喘息は「治らない病気」ではありません。過去の文献を調べてみると大人でも子供でも自然治癒している例は少なくありません。「自然治癒もありうる病気が治せないはずがない」と私たちは考えています。自然治癒した人たちについて調べてみると、ほとんどの人が「生活の変化」をきっかけにして治っています。
ですから、この「生活の変化による自然治癒の仕組」を分析して応用すれば喘息を根治させることも可能になります。この考え方に基づいて、昭和35年に久徳クリニック初代院長の久徳重盛(当時は名大小児科に勤務)により開発された治療法が総合根本療法なのです。
 
総合根本療法は当初は小児喘息の治療法として開発され、驚異的な治療効果を発揮しました。昭和43年の京都市学校保健研究会の調査によれば、当時の7大都市(東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、北九州)の小児喘息の有病率は、名古屋以外の6都市の平均が1.38だったのに対し名古屋は0.73%という数字でした。名古屋市内の小児喘息の相当数を名大小児科が治してしまっていたのです。
総合根本療法は大人の喘息の治療にも応用でき、現時点では「喘息を根本的に治す」ための治療法としては最も優れていると私たちは考えています。
総合根本療法は、目先の発作を薬で抑える「対症療法」と、喘息の原因を取り去り喘息そのものを治すための「生活療法」から成り立っています。対症療法が治療全体の20~30%、生活療法が70~80%を占めます。生活療法は「喘息征服の五原則」に沿って行います。
 

喘息は薬では治らない

自然治癒もありうる病気であるにもかかわらず、喘息は薬では治りません。
現在喘息治療に用いられている薬は主に吸入用のステロイドとアドレナリン系の薬です。これらの薬を「体外から補充する」ことにより、先に述べたステロイドとアドレナリンの働きの不安定さは改善されますから発作を抑えることはできます。
しかしこれらの薬には「体内のステロイドとアドレナリンの働きの不安定さそのものを改善させる」効果はありません。ですから使用を中止すれば再び発作が現れます。
喘息は「自然治癒もありうるが薬で治すことができない」病気の代表格なのです。このような病気は喘息以外にも高血圧とか糖尿病などたくさんあります。
喘息を治すためにはすでに述べたように、喘息を「気管支の病気」と考えるのではなく「心と体とアレルギー」が関わった病気と考えることが必要になります。「体を見る医学」である身体医学は心理面への対応ができませんから喘息を治すことができなかったのです。
 

「治らないから一生コントロールしましょう」がガイドラインの治療方針

現在のわが国の喘息治療は、日本アレルギー学会などがまとめた「ガイドライン」による治療が広く行われています。ガイドラインでは、「喘息は気道の慢性炎症が原因の疾患であり、治すことはできない」から「吸入ステロイドを使って一生コントロールしていくことを目標とする」とする治療法が推奨されています。
つまり「喘息を治すことはあきらめて、コントロールしながら一生お付き合いしていきましょう」という考え方がガイドラインの基本方針ということになります。ガイドラインも身体医学の立場から作成されていますからやむをえないともいえますが、いずれにしろこのような理由で、「喘息は治らない」と説明して吸入ステロイドによる治療を勧める「喘息専門医」が増えているのが現状なのです。
 
 

吸入ステロイド療法の限界

しかし残念なことに吸入ステロイドも喘息治療の特効薬ではありませんでした。
最近の研究では(たとえば2014年の The ACQUIRE Study)、吸入ステロイドを医師の指示通りにまじめに使い続けたとしても、コントロール良好な患者さんは成人喘息では9.1%に過ぎず、コントロール不十分73.6%、コントロール不良17.3%という状況であることがわかってきました。
小児喘息では、「喘鳴だけの時点から吸入ステロイドを2~3年使用しても喘息の発症を予防することはできない」とか、「喘息の発症初期から吸入ステロイドを2年間投与すれば、3年目から減量しても悪化しないが、中止すれば悪化する」ことなどがわかってきました。
ですから小児喘息では、「吸入ステロイド療法は目先しのぎに過ぎず、問題を先送りにして小児喘息を成人喘息に持ち越させるリスクがある」ことが最近になりようやく一部の専門家の間で問題にされるようになってきました。
 
 

総合根本療法の治療のゴール

きゅうとく医院では次のような状態になった時に「喘息が治った」と考えます。
 
①数年以上にわたって発作が現れず、症状が出たとしても「咳その他の軽い症状(咳喘息程度)」にとどまり、
②薬を使わないか、鎮咳剤か拡張剤の頓服で治まり、
③年間を通して健常人と同じ生活が可能で、
④肺機能は正常か、リモデリングがあっても、気道過敏性は消失もしくは咳喘息程度までに低下している。
⑤アフターケア後の見通しが、再発する可能性が皆無であるか極めて少ないと判断される。
指示に従って生活療法を実行していただければ、約80~90%の患者さんは、治療開始後1~3年で③に達し、⑤のアフターケアに進めます。そしてアフターケアに入った患者さんの44%までは、アセチルコリン負荷試験という検査で気道過敏性の消失が確認されています。これらの患者さんは医学的にも「完治した」といえることになります。
 
 

いつまでに治すのがよいのか

3歳未満の子どもさんの喘息はできれば3歳、遅くとも入学までには治し切ることをお勧めしています。この時期は「最も喘息が発症しやすい年齢」なのですが、「発症しやすい=変化しやすい」ともいえますから、総合根本療法で「発作が消え去る方向に患者さんの心身の状態を変化させる」ことができれば、重症喘息でも「朝日に消える朝霧のように」治すことができます
3~6歳の喘息は入学までに治しきる事をお勧めします。入学までに治してしまえば、生涯にわたっての再発リスクが少なくなります。
小学校低学年の喘息は10歳から卒業までに、高学年の喘息は中学卒業までには根治させることをお勧めしています。この時期も小児喘息を比較的治しやすい時期と言えるからです。
以上のような理由から、きゅうとく医院では、小児喘息の根治の目標年齢を6歳、10歳、15歳に設定しています。そして大人の喘息では治療開始後3~5年で治しきることを目標にしています。
 
 

治らない喘息もあるのか?

喘息が治らなくなるのは、次のような場合です。
 
第一に、全身性のステロイドホルモンを内服や注射で長期間使用し、体内のステロイドホルモン分泌能力が低下してしまった場合です。この状態を「副腎機能不全」といいます。
第二に、リモデリングが起きてしまった場合にも、「完全」には治せなくなります。
第三に、いろいろな事情で(たとえば「血圧が高くて冷水浴ができない」など)総合根本療法が実行できない場合にも治すことは難しくなります。
 
 

治療方針についての具体的な考え方

現在日本では、年間約2千人の患者さんが喘息で亡くなっていますから、喘息を軽く考えるのはよくありません。
それでも、すべての患者さんが重症というわけでもありませんから、実際の治療に際してはいくつかの選択肢が考えられます。
代表的なものとしてはとりあえず次の3つがあげられます。
 
①調子時だけ治療する。
軽症の場合に「悪い時だけ薬でおさえて」と考えるのは人情ですが、これはお勧めできません。
軽い発作であっても、繰り返しているうちにリモデリングが進み難治化していくこともありますし、喘息では軽症の患者さんでも突然死することがあります。喘息は軽症でも死亡がありうる病気なのです。突然死を避けるためにも日ごろの定期的な治療は必要です。
 
②生活療法は行わずに、対症療法だけで様子を見る。
喘息を「治す」事は考えず、吸入ステロイドなどを続けて「喘息をコントロールする」、「喘息死を防ぐ」ことを目指します。が悪く苦しい
対症療法として薬を使い続けることになりますが、喘息を治すことを考えなければこの治療法が最善といえます。ガイドラインでもこの方法が基本とされていますから、現在では多くの「喘息専門医」がこの治療法を推奨しています。
きゅうとく医院でも、総合根本療法を行わない場合にはこの治療法をお奨めしています。
 
③3~5年で「喘息を治しきる」ことを目指す。
きゅうとく医院のお勧めプランです。総合根本療法であれば喘息を3~5年で治しきることも不可能ではありません。
ここでは3つの選択肢をあげましたが、現実に自分自身の喘息をどのように治療していくのかという最終決定権は患者さん側にあります。ですからきゅうとく医院の喘息治療は基本的な治療方針を患者さんに決めていただくところから始まるということになります。

人間形成障害

 
この人間形成障害型の社会では、親がまったく普通の子育てをしているつもりであっても、子供たちに様々な問題が「予測もできない状況で自動的に」現れてくるようになります。

 

 

ぜんそくは自分で治せる

 
気管支ぜんそくの臨床は、いままでの『わからない・治らない』という時代から『原因を分析し実行すれば治る』時代に入ったのです...」。

 

 

ぜんそく根治療法

 
通院できない患者さんであっても、自宅で総合根本療法を実行して喘息を治していくことができるだけの知識を執筆されています。

 

 
ここまで治せる

不登校 ひきこもり

 
不登校をご家庭で「治す」ことも「予防する」ことも十分に可能です。不登校の解決は決して難しいものではないのです。